BTC_imege1.jpg

ORIGINALBTC-LOGO02.jpg

  • BTC_store_LP.jpg

    BTC_bowles_LP.jpg

  • Original BTCは1990年、食器類の製造販売を行う会社を営んでいたピーター・ボウルズによって設立されました。
    なぜ、"食器"の製造販売から"照明"を製造販売する会社を設立するに至ったか。それは彼の幼少期のルーツが大きく起因しています。

    1960年、当時13歳だったピーターは父の営む照明器具の販売を行う会社で時折手伝いをしていました。
    また、祖父が家具の製造販売を行う会社を経営していたこともり、店先や工場を直接目にする機会が多く、いかに物作りにおいて伝統的な製法とその時代に調和する物を生産するといったことが重要であるかを感じます。 これが彼ののちの物作りへの考え方に大きく影響することとなります。

    その後、フランスを拠点に食器類の製造を行う会社に勤めることになったピーターは、ここでも伝統的な製法を守り続ける製造ラインを目の当たりにしました。
    彼は次のステップとしてイギリスに戻り、シェーフィールドで彼自身のデザインした食器類の販売を行う会社を設立し、年間100万枚もの食器を生産するまでとなりました。
    会社が軌道にのったことで、再び次のステップに挑戦するチャンスだと感じた彼は、幼少期のルーツ、"照明"において挑戦を続けることとなります。
    「私の目標はみなさんの家を照らす照明をデザインして提供することでした。その照明はこれから何年もの間使うことができ、みなさんの家に素晴らしく快適に合うものです。」

    ピーターはこれまで経験してきた食器類のデザイン経験をはじめ、様々な方面からデザインのインスピレーションを引き出しました。
    例えば小鳥のひなを暖かく保つためのアンティークライトやおもちゃのトラックのサーチライト、それらをより現代的にかつ暮らしに合うよう美しくデザインしラインナップを展開していきました。

    彼が幼少期に感じた伝統技術と現代のデザインの調和を目指す上で、デザインだけではなく、素材も最高の品質にこだわりました。
    2002年、ストークオントレントにある閉鎖の危機に直面していたボーンチャイナ(陶磁器)工場を買収し、自身の照明コレクションに加えることで救済する試みを行いました。
    2010年にも船舶用の照明メーカー、Davey Lightingがベルギーの会社に買収を検討され、イーストロンドンにおいての製造を取り止めるといった情報を得たピーターは、イギリス国外へ流出を防ぐために自身の照明コレクションに加えることとなります。

    その他にも、バッキンガム宮殿やヨーク大聖堂にも使われているイギリス国内で唯一の板ガラスの製造を行っていた工場や、バーミンガムの鉄を鋳造加工する工場を閉鎖の危機から救済し、彼はその一貫した哲学をより貫くこととなります。
    2012年にはピーターの息子であるチャーリーがディレクターに就任。
    今日では優れた技術を持つ職人とイギリスの伝統技術を守る親子によって、Original BTCの照明は作られています。

    その伝統的な製造業を守り、新たな物作りに生かす企業の指針を評価され、2014年当時の首相であるデーヴィッド・キャメロン首相より工場視察を受け、2015年、エリザベス女王より最も優れた企業に送られる "The Queen's Awards for Enterprise" を与えられました。


Made in Britain

Original BTCの照明に用いられているガラス、鉄、セラミックは素材の特性を最大限引き出すために、素材ごとにそれぞれ工場を分けて生産されています。
ガラスと鉄は工業都市のバーミンガム、セラミックはボーンチャイナの発祥地であるストークオントレント、いずれも高い技術を持つ職人によって、常に最高のクオリティを保ち続けています。


  • ceramics_02_lp.jpg

    Ceramics

    Original BTCの照明に使われているボーンチャイナ(陶磁器の一種)は、イギリスで最も陶器産業の豊かな街、ストークオントレントで生産されています。
    ボーンチャイナとは原料の粘土に牛の骨灰を混ぜることで、一般の磁器と比べ素地が薄いにも関わらず、強度が強く透光性に非常に優れ、純白のような白味を帯びる性質をもつため、一般的には高級食器類などに多く用いられてきました。
    これらのボーンチャイナの優れた性質や、伝統を重んじる職人の高い技術に惚れ込んだピーターは、自社の照明器具のコレクションにボーンチャイナを取り入れることで、美しく繊細なデザインを生み出すと同時に柔らかな光を魅せることに成功しました。

  • glass_01_lp.jpg

    Glass

    Original BTCの照明に使われているガラスシェードは、かつてヨーク大聖堂やバッキンガム宮殿のステンドガラスを製造していた、バーミンガムの工場にて生産しています。
    熟練の技術を要し生産に時間のかかる手作業での生産ですが、最高の色味、透明度、鮮明さを保つためには必要不可欠な工程であるとピーターは考えています。
    安価に大量生産されたガラスとは異なり、一つ一つ手作業で作られることで、このガラスを通した光は柔らかな温もりが感じられます。

  • metal_lp.jpg

    Metal

    PhaneやTitanシリーズをはじめとした、Original BTCの照明コレクションの中で使われているアルミニウム、スチール、鉄といった全ての金属素材は、イギリスのバーミンガムの工場で生産されています。
    18世紀後半の産業革命より続く高い工業技術を受け継ぐ職人によって、板状の金属(板金)の状態から手作業で金属の溶接や鋳造などの加工を行い、イギリスの伝統に基づいた普遍的でありつつも現代的で美しい照明のデザインを忠実に再現しています。


BACK TO TOP