ロンドン生まれ。世界的デザイン事務所へと成長するPentagramを設立。
ドイツ的機能主義と英国らしいほどよい感性を兼ね備え、剛性感と同時に彫刻のように明瞭なフォルムをもつ。
代表作は、ケンウッドのフードミキサー “シェフ”、コダックの”ポケットインスタマチックカメラ”、パーカーの万年筆 “パーカー25″など多数。英国国鉄の高速列車Inter City125の外装デザインや、ロンドンタクシーのモデルチェンジを手がけるなど、常に人々の日常性と深い関わりを持つものが多い。
デザイン協議会賞をはじめ、数多くのアワードを受賞し、1969年にはRoyal Designers for Industry(RDI)のメンバーに選ばれる。日本との関わり合いも深く、1970年以降、丸善のミシン、INAXの浴室、資生堂の化粧品パッケージなど、日本企業からの依頼も数多く手がけた。
3 Items
BACK TO TOP